日本のCMに使用された洋楽。ずっと前に放送されていた曲集。
top
ハーフマニア
ミスター・ユニオシ著 関連グッズショップ 縁起もの専門ショップ
 
Web www.yunioshi.com
 
日本のCMに使われている洋楽(オリジナル曲を紹介)アーカイブス1
放送終了したものもありますけど。クラシックは除外しています。


ホンダ
フィット
『イッツ・ア・ビューティフル・デイ』It’s a Beautiful Day
クイーン
ボーカルのフレディ・マーキュリーの死去後に3人のメンバーが残されたデモテープなどに伴奏を加えて作り上げたアルバム『メイド・イン・ヘヴン』 (Made In Heaven)1995年から。
この曲のピアノはブライアン・メイが弾いている。クイーンのCM採用は多いですね。

It's a Beautiful Day
洋菓子
ブルボン「ボイセンベリーシリーズ」
ヘイリー(ヘイリー・ウェステンラ)
『サマー・レイン』
16歳でデビューしたニュージーランドのクラシック系歌手。本人が出演もしている。爽やかきれいな歌声ですね。日本映画『ローレライ』の主題歌や、彼女が歌う『アメージンググレイス』はテレビドラマ『白い巨塔』に使われていた。ケルティック・ウーマンにも参加。
『涙そうそう』(英語バージョン)もある →→→→→

「歌声」と「クッキー」を無理やり結びつけたCM
トヨタ
カローラ ルミオン
『お前をはなさない』I Can't Turn You Loose
ソウル界の神様オーティス・レディングの名曲。彼とともに『ドッグ・オブ・ザ・ベイ』などを生んだギタリスト、スティーヴ・クロッパーも出演した『ブルース・ブラザーズ』のテーマとしても知られ、元気が出る一曲!

http://www.youtube.com/watch?v=3vsvoZ_NawA
スズキ
エスクード
ジョン・ウィリアムズ
映画『レイダース』『インディ・ジョーンズ』のテーマ(レイダーズ・マーチ)
ジョージ・ルーカススティーブン・スピルバーグらに多く採用されているジョン・ウィリアムズは映画音楽の巨匠。CMはルーカス、スピルバーグ両氏とも絵コンテのチェックをしたそうだ。まさかまだ続編ができるとは思わなかったが。
キャノン
デジタルEOSテクノロジー
『雨にぬれた朝』
70年代中心に活躍した英国のシンガーソングライター、キャット・スティーブンス Cat Stevens(現在はイスラム教に改宗してYusuf Islamと改名)の代表的名曲。ピアノはイエスのリック・ウェイクマンが弾いている(当時はスタジオミュージシャンだったのでクレジットされていなかったが、さすが素晴らしいパフォーマンス!)。1972年に全米チャート6位。ファンケル、ACジャパン(日本脳卒中協会)、2011年にはサントリー「ビール事業広告」、2013年のエネオスのCMにも使われている。

http://www.youtube.com/watch?v=_-3ozwEEHig
パナソニック
ビデオカメラ「フルハイビジョン愛情サイズ」
『トゥ・ラブ・ユー・モア  To Love You More』
セリーヌ・ディオン
1995年、日本のテレビドラマ『恋人よ』の主題歌として採用され、130万枚売上げた。洋楽シングルCD売上げ歴代1位の曲。作曲はデビッド・フォスターで日本のクライズラー&カンパニーも編曲に参加した。

http://www.youtube.com/watch?v=oHYgVnF9aBY
スズキ
スイフトスポーツ
『紫の炎 BURN』
もちろん原曲はディープ・パープル。史上最強のハードロック名曲中の名曲。

http://www.youtube.com/watch?v=pfzv3bf9-OY
やっぱり肉食人種は凄い。
花王
スタイルフィット
『二人でお茶を tea for two』
1920年代のミュージカル劇『ノー・ノー・ナネット』が原作でその主題歌。スタンダード中のスタンダードだが、ドリス・デイの映画が有名。2010年には味の素100周年記念企業広告、アルソア化粧品洗顔石鹸にも。

Tea For Two
二人でお茶を
トヨタ
オーリス
『プリーズ・プリーズ・ミー』
ビートルズを一躍世界的グループにした出世作。

http://www.youtube.com/watch?v=9MHDFbIbYzk
花王
セグレタ
『シークレット・ラブ』
スウィング・アウト・シスター。日本で異常に人気の高い彼らの、日本独自企画盤として発売された。いつも爽やかですね。
トヨタ
マークXジオ(金城武が出演するCM)
『セット・ユア・ハート Set Your Heart』
紅白出場歌手でもあるシンディ・ローパーの久々の新曲。2008年秋に来日公演も決定!音楽チケットなら@電子チケットぴあ

Cyndi Lauper - Set Your Heart - Live in Japan Lyric 2008
サッポロビール
発泡酒 麦とホップ(田村正和の出演するCM)
ヘンリー・マンシーニ
『小象の行進 BABY ELEPHANT WALK』
ジョン・ウェイン主演の映画『ハタリ!』の映画音楽。「ぼ〜くたち象さんだぞ〜♪」って日本語歌詞があったっけ。作曲は『ティファニーで朝食を』『ピーターガン』『刑事コロンボのテーマ』のヘンリー・マンシーニだが、こういう作品もなかなか味があっていいんです。最近のCMでは引っ張りだこですねえ。

CPink Panther & Henry Mancini Slideshow~ "Baby Elephant Walk"
トヨタ
ヴァンガード
『タジ・マハール』
名曲『マシュ・ケ・ナーダ』で知られるブラジルのミュージシャン、ジョルジ・ベンジョールの曲。どこかで聞いたことある?ロッド・スチュワートの大ヒット曲『アイム・セクシーda ya think im sexy』の元歌(ロッド&カーマイン・アピスがパクった)です。
トヨタ
Vits
『ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー』
マルーン5の新作から。このバンド、ふた昔前の音っぽくて好きだなあ。CM前作では『サンデイ・モーニング』が使われていた。
『ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー』は2011年夏にはアサヒ発泡酒「スタイルフリー」のCMに採用されている。
三菱自動車
デリカ ローデスト
『ムーンライト・セレナーデ』
ブラッドホームズが歌うが、もとはグレン・ミラーバンドのインストゥルメンタル曲。映画『スウィングガールズ』でも演奏していたジャズのスタンダード。
資生堂
UNO
『愛のコリーダ』
オーランド・ブルームが出演するCM。よく聴くと「う〜のこり〜だ」になっている。
日本生命
ご契約内容確認活動篇
ライオン「香りつづくトップ」編(歌:倉木麻衣)
『トップ・オブ・ワールド』
カーペンターズの大ヒット曲。アルバム収録曲だったが、日本で独自にシングルカットされた後に、アメリカでもシングル発売され、全米で1位になった。
三井住友フィナンシャルグループ
金融『スタンド・バイ・ミー』
ベン・E.キングの代表曲。ジョン・レノンのカバー『Rock 'n' Roll』や映画『スタンド・バイ・ミー』でも有名。

2010年のキリンノンアルコールビール キリンフリーのCMにはレノン版が採用され、2011年にはホンダ・ステップワゴンのCM、2015年にはTOTOくじのCMでも採用されている。
三井不動産レジデンシャル株式会社
企業広告家路篇
『アクロス・ザ・ユニバース』
ザ・ビートルズの代表曲。ジョン・レノン作。ビートルズ最後に発売されたアルバム『レット・イット・ビー』の中の名曲。『レット・イット・ビー...ネイキッド』にはジョンのギター弾き語りバージョンがある。夜中に突然メロディと歌詞が浮かんだといい、かつてジョン自身「最高の詩」として気に入っていた曲である。『レット・イット・ビー』の前にWWFのチャリティ盤の中に収録され発売されている。
ソフトバンク
携帯電話
ブラピの方
ダスティ・スプリングフィールド
『Spooky』
もとはジャズ系の曲
ソフトバンク
携帯電話
ブラピの方2
ベント・ファブリック
『Jukebox』
80歳を越えるジャズピアニスト!彼のお母さんが104歳で健在だそうで二度びっくり。
ソフトバンク
携帯電話
キャメロン・ディアズだっけ?
バリー・マニロウ
Copacabana『コパカバーナ Copacabana (At The Copa)』
映画『ファールプレイ』の挿入歌でした。
ソフトバンク
携帯電話
キャメロン・ディアズ
ナンシー・シナトラ
『シュガータウンは恋の町』
最近ナンシー・シナトラの曲はダイハツのCM『These Boots are Made for Walkin'』や、映画『キル・ビル』に使われるなど人気復活の兆し?
ソフトバンク
携帯電話
キャメロン・ディアズ
ノーランズ
『ダンシング・シスター』
一時凄いヒット連発のグループでした。
ソフトバンクは連続洋楽ヒットシリーズですね。次が楽しみです!
ソフトバンク
携帯電話
キャメロン・ディアズ
クール&ザ・ギャング
『セレブレーション』
サントリー
泡立つチューハイ「アワーズ」
加藤あいが出演するCM。泡が出るチューハイだそうで「あっわあっわ」だと。
バグルズ
『ラジオスターの悲劇』
80年代のイギリス出身のポップデュオの大ヒット曲。NHK教育の子供番組でもカバーされていました。詳しくはユニオシの日記で
株式会社デンソー企業CM
映画『チキ・チキ・バン・バン』の主題曲
2013年には長友佑都、岡崎慎司、清武弘嗣ら世界で活躍するサッカー選手が出演するアサヒ オフのCMにも使用されている。
007のイアン・フレミング原作、脚本は『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダール。シャーマン兄弟の作詞作曲によるミュージカルの傑作。僕は子供の頃見に行ってとても楽しんだ映画。楽曲だけでなく映像の美しさも素晴らしく、お薦めの一本です。因みにこの主題曲は当時山本リンダが日本語でカバーしていた。
サッポロビール
ダブルドライ
『I Got You (I Feel Good) 』
ジェームズ・ブラウンの1965年の大ヒット曲。
シャープ
ソーラー発電システム(「太陽とシャープ 宣言」篇)
『オー・ソレ・ミオ(私の太陽)'O SOLE MIO』
エルビス・プレスリーの『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』のこちらは原曲。
富士フィルム 企業メッセージ
『ハッスル』
ヴァン・マッコイ&ソウル・シティ・シンフォニー。うわー70年代ディスコだ懐かしいぞ。
ホンダ
クロスロード
サイモンとガーファンクル
『セシリア』
名盤中の名盤→
ギャツビー
キムタクが出演している。
スタイリスティックス
『愛がすべて Can't give you anything』
ホンダ
ステップワゴンSPADA
アニマルズ
『悲しき願い DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD
CMは『キル・ビル』でも使われたサンタ・エスメラルダのフラメンコバージョン『悲しき願い』が使われている。日本では尾藤イサオがカバーしていた。
アップル
マックブック・エアー
紙袋から出てくるMacBookのCM。
ヤエル・ナイム
『New Soul』
フランス出身のイスラエル系女性シンガー、ヤエル・ナイムのシンプルで清々しい歌がまた映像にぴったりですね!

yael naim new soul clip
エビス
最近のCMではいろんなミュージシャンがそれぞれのアレンジで演奏しているバージョン。
JR恵比寿駅の曲にもなりました。
アントン・カラス
『第三の男』
スバル
エクシーザ
マーク・ゴールデンバーグ
オリジナル曲?
80年代にサントリーの「ペンギンダンス」「ローヤル・ランボー篇」のCMなどの音楽を手がけたマーク・ゴールデンバーグが今再び登場!加藤和彦や中森明菜のアルバムにも参加していた。
サントリー
プレミアムモルツ
矢沢永吉が出演。日本映画で使われてから、もうあちこちで使われているので有名ですが元は
映画『王様と私』の主題歌
シャル・ウイ・ダンス?
ロジャース&ハマースタイン二世の名作。
王様と私 ― オリジナル・サウンドトラック
ホンダ環境テーマ
映画『ネバーエンディング・ストーリー』のテーマ。
ジョルジオ・モロダーの作品。
坂本美雨(坂本龍一と矢野顕子の子)が歌っている。
キリン
氷結
ポリス
『見つめていたい Every Breath You Take』
ポリスの名曲中の名曲。ビルボード8週連続1位。
UCC
ブラック
ディープ・パープル
『ブラックナイト』
ずいぶんベタな選曲ですね。
三菱UFJ信託
長嶋親子が出演するCM
スティービー・ワンダー
『StayGold』
コッポラの青春映画『アウトサイダー』の主題歌。
ビクター
エヴリオ
ジョージ・ガーシュインのスタンダードナンバー
『ス・ワンダフル 'S wonderful』
もう一曲
『アイ・ガット・リズム』
は東京ミッドタウン(三井不動産)、保険会社アリコ、ハウスとんがりコーンのCMにも使われています。『アイ・ガット・リズム』はこちら
日清食品
カップヌードル
ジョン・レノン
『スターティング・オーバー (Just Like) Starting Over』
木村拓哉が出演するCM。ジョン・レノンの遺作アルバムの一曲目。自らの運命を予見していたのか?曲の始めの鈴(りん)の音が悲しい。

John Lennon - Starting Over

ビール
キリンブラウマイスター
映画『慕情』の主題曲『Love Is A Many-Splendored Thing』
アカデミー主題歌賞を受賞した名曲。このCMは美空ひばり元ちとせら日本の歌手が歌っている。
ホンダ
オデッセイ
ビージーズ『ステイン・アライブ STAYIN' ALIVE』
ジョージ・クルーニーが出演するCM。
大ヒットした映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のために作られた曲で「ディスコ」の定番。僕らの世代では「プチ恥ずかしい」曲だけど、このサントラは他にも『愛はきらめきの中に』やイボンヌ・エリマンの『アイ・キャント・ハヴ・ユー』など名曲が詰まったアルバムなので僕は大好きで実はよく聴く…。


Bee Gees - Stayin' Alive (Full Version)
廃墟で歩き回る三兄弟のPV。
アステラス製薬
企業広告「サプライズ」篇
大ヒットしたミュージカル『アニー』の挿入曲
『トゥモロー Tomorrow』
元はブロードウェイのミュージカルでトニー賞を受賞した大ヒット作。日本でも繰り返し上演されている。ジョン・ヒューストン監督によって映画化もされている。『トゥモロー』は主人公で11歳の少女が歌う、この作品中の代表的な曲。CMではChara(浅野忠信の元妻)が歌っている。


"Annie" (1982) - Tomorrow
ロッテ
キシリトールガム
オリビア・ニュートン・ジョン『そよ風の誘惑』(Have You Never Been Mellow』
オーストラリア出身の元祖「歌姫」の最大のヒット曲。全米ビルボードで1位になり、日本でも大ヒットした。


Have You Never Been Mellow
JR東日本
大人の休日倶楽部
『アマポーラ』
吉永小百合が出演するCM。
原曲は1924年ごろのメキシコの歌。ジミー・ドーシーやフランスのティノ・ロッシなど世界の一流ミュージシャンがカバーするスタンダードナンバー。われわれの世代では山下達郎のカバーが有名。
日産
エクストレイル
『セッティング・サン』
ケミカル・ブラザーズの大ヒット曲。パワフルなユニットです。今後も大期待!
たかの友梨
エステ
米倉涼子が出演するCM
『魅惑のワルツ』
映画『昼下がりの情事』1957の主題曲として有名。元はイタリアのフェルモ・ダンテ・マルケッティーが作曲した『ジプシーのワルツ』。美空ひばりが日本語でカバーしていた。
ノエビアのCMでは小野リサのアレンジで使用されている。
2012年末ホンダフィットのCMでは美空ひばりバージョンが採用されている。
ブリヂストン企業CM
『テイク・オン・ミーTake On Me』
ノルウェー出身のa-ha(ア・ハ)の代表曲。当時のPVも話題だった。

PV
キリンビバレッジ
午後の紅茶
「黄金比」編
ディズニー
『小さな世界 It's a Small World』
ディズニーランドのアトラクションと「世界はひとつ・世界中どこだって 笑いあり涙あり」などどっかの宗教団体のスローガンのような歌詞で有名な歌。作詞作曲は『メリー・ポピンズ』『チキ・チキ・バン・バン』などミュージカル映画の巨匠シャーマン兄弟。
キリン
発泡酒スムース
ジグソー
『スカイハイ』
ご存知イギリスの「一発屋」バンドの「一発曲」。ジミー・ウォング主演の1975年の香港映画『スカイ・ハイ』のテーマ曲として作られた。プロレスラーのミル・マスカラスの入場曲や日テレ『鳥人間コンテスト』のテーマにもなって日本でも大ヒットした。今も阪神・八木のテーマ曲でもおなじみ。
ANA
キャンペーン
ジュディ・ガーランド
『虹の彼方に Over the Rainbow』
これもクラプトンですらカバーするスタンダードだが、元は映画の中の劇中歌。
日産
Xトレイル
オフスプリング
『Head Around You』
聴きやすいパンク?
日本税理士会連合会
「そうだ、税理士に聞こう!」篇
イタリアの民謡(カンツォーネ)
『フニクリ・フニクラ Funiculi funicula』
菊川怜が出てるCM。もとはイタリアの登山鉄道の宣伝用に作られたもので世界最古のコマーシャルソングとも言われる。1961年にNHK『みんなのうた』で日本語歌詞版が放送されて以来日本でもおなじみになった。日本のCMにもさまざまな替え歌にされてよく使われている。
日興アセットマネジメント
『テネシー・ワルツ』
綾戸智絵が出演して歌う。
パティ・ペイジ、レス・ポール&メリー・フォードが有名だが日本では江利チエミの歌で知られているスタンダード。
サンヨー
電池エネループ
デビッド・ボウイ
『チェンジス CHANGES』
若きボウイの比較的コマーシャルな作品。アルバムにはイエスに加入する前のリック・ウェイクマンが参加した。
キリン
円熟黒
ダニエル・ビダル
『オー・シャンゼリゼ』
シャンソンかと思っていたらイギリスの歌『Waterloo Road』というイギリスの歌だそうです。
2010年にはゼリア新薬のペパリーゼのCMにも採用された。
JR東海
そうだ、京都行こう
ロジャース&ハマースタイン二世
『マイ・フェブリット・シング』
もとはミュージカルだが映画『サウンド・オブ・ミュージック』になって世界的ヒット。
ジョン・コルトレーンの名アレンジ・名演も忘れがたい。
JAバンク
スコット・ジョプリン
『ジ・エンターテイナー』
ラグタイムの神様と知られるジョプリンの代表曲。サッカーの応援歌でもおなじみ。映画『スティング』の主題曲として使用され一気に知られた。
これもCMには数えられないくらい使われているほぼクラシック。日通、ニトリのCM、2013年にはカネボウ コフレドールとau「史上最大のチャンス」編でも。
ホンダ ストリーム
『ピーター・ガン』のテーマ
往年のテレビドラマの主題曲で作曲は巨匠ヘンリー・マンシーニ。このCMでは大御所ジャズシンガー、サラ・ボーンのバージョン。映画『ブルース・ブラザーズ』でも使われていた。
パナソニック
新・ヒューマンビエラ

サラ・ブライトマン
『ランニング(ジュピター〜栄光の輝き)』
イギリス出身クラシック系歌姫が歌うホルストの『惑星』の中の『木星』です。2007年大阪の世界陸上の開会式で歌ってましたね。洋楽というよりクラシックだけど本多美奈子や平原綾香も歌ってたしまあいいですか?
三菱地所
丸の内
ザ・トロッグス
『恋はワイルド・シング Wild things』
オリジナルはイギリスのロックバンド、ザ・トロッグス。「ワイルド」とか言っているくせに、一番盛り上がるソロ部分はオカリナ演奏で、へなへな〜と力が抜けるからご注意。やっぱりジミ・ヘンドリックスのカバーの方が有名。ジミヘンはモンタレー・ポップ・フェスティバルに出演した時に、この曲を演奏し最後にストラトキャスターにジッポーのオイルをぶっ掛けて燃やしてしまった。ジミヘンのこの「ギター燃やし」はロック史上超有名なパフォーマンスである。燃えカスとなったギターは後にフランク・ザッパが手に入れ、直してステージで使用していたが、ザッパの死後、オークションで売られてしまったという。
映画『メジャーリーグ』の主題曲で再認識され、よく使われるようになった。2010年にはスズキ・スウィフトに、2012年にはダルビッシュ有が出演するアサヒスーパードライブラックのCMにも採用された。
愛にすべてを〜ベスト・オブ・トロッグス
ネスカフェ
エクセラ
ロバータ・フラック
『やさしく歌って Killing me softly with his song』
メグ・ライアンが出演するCM。
キリンビバレッジ
午後の紅茶
松浦亜弥森光子が共演するCM(現在はルー大柴)
スティービー・ワンダー
『可愛いアイシャ Isn't she lovely』
世紀の大傑作『キー・オブ・ライフ』からの一曲。自分の愛娘を歌った。もちろん紅茶とは全く関係ない。
三菱地所
新丸ビル

『ラプソディ・イン・ブルー』
ガーシュイン、こちらは『のだめカンタービレ』で使われたので若い人たちにもおなじみに。ジャズ・スタンダードというよりクラシックですね。
平和
パチンコ
エディット・ピアフ
『愛の讃歌 Hymne a l'amour』
ライオンとシマウマが抱き合うCM。
この曲は越路吹雪の十八番でもあった。デヴォン青木が出ていた桃の天然水のCMでもカバー曲が使われていた。
キリン
ゴールド
マルコス・ヴァーリ
『バトゥカーダ Batucada』
デオダードやセルジオ・メンデスと並ぶブラジル音楽の大御所。
このCMで使われているカバーは日本人アーティストbirdだがなかなかいいですね。
キリン
ゴールド
『Come On Let's Go』
わずか17歳で飛行機事故で死んだ天才リッチー・ヴァレンスの『ラ・バンバ』と並ぶ代表曲。というか活動期間が短かったので彼の曲はあまり残されていない。本当に貴重。『ラ★バンバ』という伝記映画がありましたね。

Ritchie Valens - Come On, Let's Go
↑その映画を使ったPV
明治乳業
プロビオヨーグルトLG21
『Land of 1000 Dances(ダンス天国)』
クリス・ケナーがオリジナルだが、後にウィルソン・ピケットが”ロック風”にカバーして世界的ヒットになった。ビートたけし(北野武)のCMのはこちらに近い。

Wilson Pickett - Land of 1000 Dances
下記のロッキーといい、聴いてて握り拳につい力が入ってしまう一曲ですなあ。
JT
マナー広告
ジョニ・ミッチェル
『Both Sides, Now』
(名曲!青春がどうのという邦題がついていたような気がします…調査中→『青春の光と影』でした)
この歌詞がまた素晴らしい。変則チューニングのギターで歌う才媛!日本でももっと評価されていいはず。アルバムの絵もほとんど彼女が書いていた。
ソフトバンク
携帯電話
携帯しながら社交ダンスを踊るキャメロン・ディアズのバージョン。
スウィング・アウト・シスター
『ブレイクアウト Breakout』
1986年の曲だが、本当に元気が出る。僕も大好きな一曲。ヴォーカルのコリーン・ドリュリーの歌声も魅力だが、元モデルということもあってその美しさにもため息が出ます。下の方にある花王セグレタのCMのように日本オリジナル企画も多い。


Swing Out Sister - Breakout
トヨタ
ヴォクシー(VOXY)
浅野忠信が出演するCM
T・レックス(T.Rex)
『20センチュリー・ボーイ 20th Century Boy』
デビッド・ボウイと並ぶグラムロックの代表格、マーク・ボラン率いるT・レックスの曲。1973年の絶頂期に来日し、東芝EMIのスタジオで録音された日本産の曲。シングルのみで発売されたが、後にベスト盤『グレイト・ヒッツ』に収録されている。浦沢直樹の漫画で映画化もされた『20世紀少年』はこの曲に因む。
この来日中にホテルの部屋でボランはテレビで『仮面ライダー』を見て触発され、『ズィンク・アロイと朝焼けの仮面ライダー - Zinc Alloy And The Hidden Riders Of Tomorrow Or A Creamed Cage In August』というアルバムを作っている。


20th Century Boy
トヨタ
IST
キング・クリムゾン
『イージー・マネー』

オダギリジョーが出ているCM。プログレファンにはおなじみの名曲。しかし恐ろしくマニアックな選曲だ。
ちなみにオダギリジョーは六本木で見かけたことがあるが普段から変な格好している人のようですね。この曲と妙に合っている?

http://jp.youtube.com/watch?v=EZIPwZ6BaBg
アサヒビール
スーパードライ
ジミー・イート・ワールド
『スウィートネス Sweetness』
エモーショナル・ハードコアの代表格ジミー・イート・ワールドの全世界で220万枚売れたという傑作アルバム『ブリード・アメリカン』に収録された名曲。これも元気が出ますね!
Jimmy Eat World "Sweetness"
ANA 国内線プレミアムクラス
三國連太郎、佐藤浩市親子が共演。
フランク・シナトラ
『夜のストレンジャー Strangers in the Night』
1965年の映画『ダイヤモンド作戦』の主題歌で、翌年シナトラが歌ってヒット。英米ヒットチャートで1位になり、グラミー賞も受賞したが、シナトラ自身は"a piece of shit"と呼び大嫌いだった曲。ジミ・ヘンドリックスがライブでギターソロの合間によくこのフレーズを弾いていたっけ。彼も馬鹿にしてた?
2013年初頭にはトヨタ クラウンのCM(ビートたけしジャン・レノが共演)にも採用されている。


Frank Sinatra Strangers In The Night
パナソニック VIERA
小雪が出るCM。
ケルティック・ウーマン
『ユー・レイズ・ミー・アップ』
見目麗しきアイルランド・イギリス系女性5人組の透き通るような歌声。これは最近のお薦めですね。

Celtic Woman - You Raise Me Up
トヨタ エスティマ
ボビー・ダーリン
『Beyond the sea』
CMではAORの代表者ボビー・コールドウェルが歌っている。
ビヨンド・ザ・シー~伝説のボビー・ダーリン
雑誌
AneCan創刊1周年 
Wilson Pickett
『ダンス天国 Land Of 1000 Dances』
押切もえが出演し、口パクでこの曲を歌います。さすが『英語でしゃべらナイト』に出演するだけあって、なかなか様になっていますが、オリジナルのウィルソン・ピケットの顔を思い出すと複雑な気持ちです。下のビートたけし(北野武)が出演した明治乳業のCMと同じ曲。


Wilson Pickett - Land of a 1000 dances (1971)
ソフトバンク
携帯電話
ブラッド・ピットのバージョン。
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
『ヴードゥー・チャイル Voodoo Chile(Slight Return)』
天才ジミ・ヘンドリックスがその才能を一気に詰め込んだロック史上屈指の名アルバム『エレクトリック・レディランド』の中の一曲。ワウワウペダルを使用した演奏では、バイブルとも言える代表的な曲。

Jimi Hendrix - Voodoo Chile live
アサヒ
スーパードライ
松坂投手が出るバージョン
フーバスタンク
『Just One』
最近のバンドの中で、僕くらいの歳でも心動かされるバンドのひとつでしょう。
トヨタ プレミオ
『ブルー・ヴェルベット』
60年代に活躍した、『ミスター・ロンリー』でも有名な歌手ボビー・ヴェントンのスタンダードナンバー。
トヨタ
マークX
『ホワットエヴァー Whatever』
Oasisの曲。相変わらずビートルズしてますねえ。CDにはとうとう『アイ・アム・ザ・ウォラス』のカバーが!
キリン
缶カクテル スパークル
『セプテンバー』
Soweluが出演し歌うCM。
原曲はアース・ウィンド&ファイアー
キャノン EOS
キッス
『I was made to lovin' you』
キッスのメイクをして歌う女の子たちがかわいいですね。
WOWOW
キムタクが自転車に乗って。
クイーン
『バイシクルレース』
当時、この曲のキャンペーンは、何十人かの素っ裸の美女が自転車に乗って競技場を走るというものだった。
それにしてもこの曲を初めて聞いた時僕はクイーンがコミックバンドに転進?と思ったもんだ。
キリン氷結
『ウィ・ウィル・ロック・ユー』
クイーンのアルバム『世界に捧ぐ』の一曲目。最後にやっとギターソロが出てくる。シンプルだが力強い名曲。2011年にはソフトバンク(白戸家)のCMに。2015年にはポカリスエットのCMにも使われた。倖田來未ちゃんはなかなかいい発音で歌ってますね。
キャノン
デジタルビデオカメラ
『黄色いリボン』
アメリカ民謡だが西部劇で使われて世界的に有名に。
ソフトバンク
携帯電話
今度は雪道を歩くキャメロン・ディアズのクリスマスバージョン。
マライア・キャリー
『恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)』
日本だけで異常に売れたので、マライアは日本公演の際は必ずラストに歌う一曲。

Mariah Carey-All I Want For Christmas Is You
クリスマスプレゼントに最適な企画盤ですね→
ソフトバンク
携帯電話(ブラピが子どもたちと遊ぶ)
イギー・ポップ
『パッセンジャー』Passenger
元祖パンクと言われる過激なステージで有名なボーカリスト。親友で先生でもあるデビッド・ボウイが全面バックアップしたアルバム『ラスト・フォー・ライフ - Lust For Life』(1977年)からの一曲。これ、このソフトバンクシリーズで今のところ一番マニアックな曲じゃありませんか!?ソフトバンクCM頑張れっ!僕はドコモだが。

小島よしおではない。
ビール
アサヒ本生アクアブルー
『ソウル・ボサ・ノヴァ』
クインシー・ジョーンズ
オースティン・パワーズ』シリーズのテーマで有名になった。
アサヒ飲料 コラーゲンウォーター
『スモーク・オン・ザ・ウォーター』
ディープ・パープル
クラシックギターにおける『禁じられた遊び』に匹敵するエレキギターの初心者用定番曲ですね。このフレーズが弾けると嬉しい。
2010年には清涼飲料7UPのCMに、2013年にはキリン澄みきりのCMにも使用されている。
キリン
NUDA
クイーン
『Don't stop me now』
アルバムはクイーン中期の最高傑作。
トヨタ Vits
宮沢りえ出演
ジェームス・ブラント
『You're beautiful』
イギリスから久しぶりに出た男性ボーカルのホープ。元軍人でパイロットのライセンスを持つという異色の歌手。この曲は11カ国でチャート1位を獲得。アル・ヤンコビックにパロディー『You're Pitiful』を作られてしまうほど?売れた。2011年秋には資生堂・椿オイルのCMにも採用されている。
スバル
IMPREZA
シンプリーレッド
『Stars』
中村獅童が出ていたCM。80年代に活躍したバンドの代表的バラード。ギタリスト鈴木賢司やドラマー屋敷豪太が加入していた。
ユニクロ ドライ
『夏の日の恋 The Theme From "A Summer Place"』
パーシー・フェイス
1960年に9週連続全米ヒットチャート1位を記録。グラミー賞を受賞した”イージーリスニング”の代表作。
この時代の曲を聴くと何だかほっとするなあ。
日産
マーチ
デペッシュ・モード
『Just can't get enough』
CMでは土屋アンナが歌っている。
日産
ブルーバードシルフィ
ユーリズミックス
『There must be an angel』
アニー・レノックスは子供の頃から音楽の天才として知られ、奨学金を得て王立音楽アカデミーに進みフルートを学んだ才媛。恋人のデイブ・スチュワートと結成したユーリズミックスだが、売れたのは二人の恋愛関係が終わってから。
ホンダ
ステップワゴン
『Iko Iko』
シュガー・ボーイ・クロフォードによるインディアンについての歌だが、ディキシー・カップスがカバーしてヒット。日本人ギタリスト山岸潤史が所属するワイルド・マグノリアスの持ち歌でもある。
ホンダ
エリシオン
エンヤ
『フローラズ・シークレット』
ちょっと前のアルバムから。
au 夏のキャンペーン
『JUMP』
ヴァン・ヘイレン
この曲もヴァン・ヘイレンの代表曲。2015年には岡田准一・浅野忠信が出演したサッポロビール・麦とホップThe GoldのCMにも使われている。
このアルバムは当時全米で2位まで行ったがどうしても1位になれなかった。その時ずっと1位を独占していたのがマイケル・ジャクソンの『スリラー』だったから。でもその中の『今夜はビート・イット』などのギターソロはエディが担当していた。つまりその年はヴァン・ヘイレン最強の年だったわけだ。
東京海上日動
ルイ・アームストロング
『この素晴らしき世界 What's a wonderful world』
映画『スウィングガールズ』の猪のシーンや中島美嘉のアルバム『YES』でも歌われているスタンダード。2012年にはMISIAが歌うバージョンでセコムのCM、2013年にはドライゼロのCMにも採用されている。
藤子不二雄A先生のジャケットがかわいいですね→→→
東京電力
ECOキャンペーン
シカゴ
『素直になれなくて』
名曲だが、この頃のシカゴは完全AORになってしまった。空耳アワーで取り上げられた アレは驚きでした。
ジブラルタ生命
ジョン・レノン
『ウーマン』
ジョンの遺作『ダブル・ファンタジー』の代表作。


仲間由紀恵が出てるauのCM。 ダイアナ・ロス&シュープリームス
『恋はあせらず You Can't Hurry Love』
80年代にフィル・コリンズがカバーして大ヒットした。
ソフトバンク
携帯電話
今度は黒づくめのキャメロン・ディアズ
ファットボーイ・スリム
『ウェポン・オブ・チョイス』
ファットボーイ・スリムは日産のCMにも使われていた。この『ウェポン・オブ・チョイス』のPVは何とクリストファー・ウォーケンが踊りまくる!大珍品!
http://www.youtube.com/watch?v=0WW8flwpH-Q
ソフトバンク
携帯電話
キャメロン・ディアズが雪の中を歩く。涼しげでいいですね。
オリビア・ニュートン・ジョン
『ザナドゥ』
1980年に公開されたオリビア主演のミュージカル映画『ザナドゥ』の挿入歌。
ソフトバンク
携帯電話(ブラピがケータイを投げようとするバージョン)
キンクス
『ユー・リアリー・ガット・ミー』
ビートルズストーンズと並ぶブリティッシュロックの大御所バンドの代表作。レコードでギターを弾いていたのはスタジオ・ミュージシャン時代のジミー・ペイジという噂があった。後にヴァン・ヘイレンのカバーも大ヒットした。
http://www.youtube.com/watch?v=-2GmzyeeXnQ

このサイトに広告を出しませんか?ご希望の方はこちらからご連絡ください。

参考書一覧

参考書パート2

特集:
外国人が見る日本と日本人(前編)

特集:
外国人が見る日本と日本人(後編)

参考書パート4
当サイトについて 連絡先 広告掲載について 変な日本とは? 不思議な国? プライバシー・ポリシー お買い物について Yunioshiの日記
●サイトマップ
●「洋画・洋楽の中の変な日本・がんばる日本」トップページ・メニューへ戻る
↑↑このページのトップへ戻る↑↑
Copyright © Yunioshi.com All rights reserved.